見出しページ




27 ★「真理子マリンバの世界」


「松本真理子さんの講演と演奏」

(大谷学園成美会総会にて)


大谷学園の同窓会「成美会」の「総会」に、

初めて参加しました。


会計等の報告の後、

食事を頂き、

1時から3時まで、

マリンバの演奏家、

松本真理子さんの演奏と

おしゃべりを聴きました。


真理子さんは、

マリンバ指導50有余年、

奈良県中心のマリンバプロで、

御弟子さんが多数です。

演奏が始まりますと、

御歳のことなどまったく感じさせず、

「迫力満点、リズムモリモリ有頂天」


まあー、

素晴らしいマリンバの演奏に

圧倒されました。


曲目は、

「道化師とギャロップ」・

「アメリカンパトロール」・

「走れマリンバ」・

「クラリネットポルカ」

「剣の舞」等

全13曲


間に、

真理子さん独特のおしゃべり

(素晴らしい話術)があり、

例えば、


1、年寄りが外出するときに

「服」で迷ったら、

「派手なもの」を着る。

2、年寄りは、

「教養(今日用事がある)」と

「教育(今日行くところがある)」が大事。

3、人の教育は、

「きずき・手当し・見守る」こと。

4、人は、

いつも「ほめられたい・

認められたい・

人のためになりたい」

と思ってる。

5、真理子の「かきくけこ」

  「か」・・・感性・・・

良いものにドキドキする。

  「き」・・・気配り・・・

さりげなく相手に知らせる。

「く」・・・苦労・・・

こつこつ自分の手ですることで、

感動が大きくなる。

  「け」・・・決断・・・

自分で責任を持って、

自立する。

  「こ」・・・恋・・・

ときめきが若替えさせる。




会場は、

笑いと納得の渦で

いっぱいでした。


最後に、

会長の

「西端春枝」先生と

抱き合ってのお別れです。


「誰か、写真撮って!!!」

と、西端先生の声で、

一枚写真を撮らせて頂きました。


こころに残る演奏会でした。


松本真理子さん、

ありがとうございました。