見出しページ

・・・・・・30 和歌山県 「花山温泉」(薬師の湯)・・・・・・





JR「和歌山駅」から車で10分

(阪和自動車和歌山ICから5分)、
噂(うわさ)で聞いていた

「関西最強の炭酸鉄泉」の

温泉に行ってきました。


1000円のチケットを買って、

右の廊下を歩いて行くと

いよいよ温泉です。


日本でも数少ない

「天然炭酸温泉」で、

地下五百メートルから、

天然の炭酸ガスによる圧力で

自噴しています。


お湯の特徴は、

血行を良くし

(血液さらさら)、

弱酸性で[ 美容美肌 ]、

疲労回復等々、

効き目はいっぱいあるそうです。


脱衣場から中に入ると、

普通の銭湯と変わりません。

しかし、…………。


お湯は、

限りなく濃い「茶色」で、

下が見えず深さが分からない。

上には、

[ 白い泡 ]や [湯の花 ]が、

いっぱい浮いています。

足を浸けるのには、

大変な勇気がいります。


湯に入る「心得」には、

41.5度の湯 と 26度の湯を、 数度繰り返して

入浴するそうです。

41度の湯に足を入れると、

暖かい優しい湯ざわりです。

深さは、腰あたりで、

座ると顔だけ上にでます。

首の周りに、

白い泡が浮かんでいます。

26度の湯は、

源泉で、

ヒンヤリしていて、

色は、やや薄めです。

炭酸の泡は、

一切付きません。


38度の湯は、

昼寝ができそうな

優しい湯ざわりです。

やはり、

炭酸の泡は付きません。




露天の湯は、

40度で、ゆったりして、

また、41度に戻りました。

何度か繰り返していると、

身体が軽くなり、

つるつるになりました。

ああ、幸せな気分です。

身体も心も、軽くなり

肌は、つるんツルンです。

しあわせです。




2012